こまめのひなみ暮らし

今あるものを大切に毎日をより丁寧に

外あそび 趣味のこと

【平日なら予約可能かも?】人気のほったらかしキャンプ場は夜景に富士山、さらに温泉までも大人の贅沢が凝縮されてる!

更新日:

ほったからし温泉のすくそばに、ほったらかしキャンプ場っていうキャンプ場があるみたいだよ!
こまめ
それなら今度はほったらかしキャンプ場でキャンプ決定
こまめ彼

1月21日と1月23日の月曜日、火曜日で山梨県にキャンプに行って来ました。

満点の星空、目の前の富士山に眼下に広がる宝石箱のような夜景という最高のロケーションのうえに温泉までも隣接されているという素敵すぎるキャンプ場の「ほったらかしキャンプ場」に今回はお世話になりました。

ゆるキャン△を読んでいて、ほったらかし温泉に行きたくなったので「ほったらかし温泉近くのキャンプ場」を調べていると、こちらの「ほったらかしキャンプ場」が気になりました。

 

土曜日&日曜日はキャンプサイトの予約取れないから平日にしよ〜
こまめ彼

そこから色々調べていくと「予約が取れにくい!」という情報もあったので、昨年の11月に平日に的を絞って予約しました(๑>◡<๑)

今回は「ほったらかしキャンプ場」での様子を紹介していこうと思います。

 

こんな人におすすめの記事です

ほったらかしキャンプ場にいってみたい

ほったらかしキャンプ場は予約が取りにくい?

ほったらかしキャンプ場の1月の気温は?

ほったらかしキャンプ場はどんな人におすすめ?

 

ほったらかしキャンプ場とは?

山梨県山梨市にある日帰り温泉施設の「ほったらかし温泉」のすぐ奥にあるキャンプ場で標高約700メートルに位置する小さなキャンプ場といった手作りや木のぬくもりが感じられる、規模が小さめなキャンプ場です(๑>◡<๑)

高台にあり目の前には、満点の星空や富士山、そして甲府盆地の夜景まで見える絶景のキャンプ場で時間とともに変わっていく富士山の色や景色の色を楽しむことができます。

 

ほったらかしキャンプ場までのアクセス方法

公式HPよりお借りしました

アクセスは車がおすすめですが、手前の笛吹川フルーツ公園までは、山梨市駅より1日に数台のバスが出ているようです。

ほったからし温泉のグーグルマップを貼っておきます。

車でのほったらかし温泉へのアクセス

中央自動車道:勝沼インターまたは宮・御坂インターから約25分

甲府市から国道20号利用で約30分

秩父市内から国葬140号(雁坂トンネル経由)で約90分

山梨県山梨市矢坪1669−18

 

ほったからしキャンプ場での注意事項

画像をクリックすると大きく表示されます

 

予約方法

予約方法は、3ヶ月前の月初めからになります。

予約が取りにくいという情報もあったので、こまめ達も11月の月初めに予約をしておき前日に予約の確認の電話をしました。

時期的に冬なので、積雪の情報なども確認しましたよ(๑>◡<๑)

 

携帯の通信状況

こまめのiPhoneも彼氏くんのauも街中と変わらず4Gで繋がっていました(๑>◡<๑)

SoftBankやその他のキャリアは分からないのですが、おそらく大丈夫だと思います。ですが気になる場合は予約時に確認してください(๑>◡<๑)

 

区画の広さ

サイト区画の面積には車を止めるスペースも含まれてるので

なるべくコンパクトな設営がいいよ〜。

こまめ彼

 

今回はハナレサイトの7番を利用させていただきました。

公式ホームページにも詳細は書かれていないのですが、ハナレサイトの区画がおおよそ7m×9mくらいです。

このスペースに車を1台止めるスペースも入っているので、そこにテントを貼るとちょっと狭めです。

さらにタープまでも貼るとなるとキツキツかもしれませんので、予め貼り方を考えておいた方が良いと思いますよ。

こまめ達はカップルキャンプなので、タープは貼らずにテントの前室部分をタープがわりの前回と同じスタイルで行いました。

堂平山キャンプ時の写真

このスタイルは設営時間も少なくてすみ大人2人でしたら十分なスペースもあるので、今回のように少し狭いサイトの時でも余裕に過ごせます(๑>◡<๑)

 

気温

 

気温

 

1月21日16:55 焚き火に近い方ところが5.0度 焚き火から離れているところが4.5度

1月21日17:45 焚き火に近い方ところが1.6度 焚き火から離れているところが1.1度

1月21日19:27 テント外の気温0.8度

1月21日23:18 テント外−1.0度 テント内(ストーブ使用)13.7度

1月22日6:05 テント外−2.5度 テント内(ストーブ使用してすぐ)3.7度

1月22日6:17 テント外−3.5度 テント内(ストーブ使用して10分後)5.1度

 

この日は風が強かったので体感温度はこれより低く感じたと思います。

今回こまめが知った「ほったらかしキャンプ場」の情報はこんな感じですが、もっと詳しく知りたい場合はキャンプ場に問い合わせしてください。

 


 

ここからほったらしキャンプ場レポート

今回は車で自宅のある川越市から高速を使い1時間30分程度なので、途中休憩や渋滞、そして買い物の時間も考えて自宅を9時30分に出発しました。

圏央道鶴ヶ島インターから八王子JCTで中央道に入り勝沼インターで降りる予定だったので、買い出しは圏央道の鶴ヶ島インター近くで済ませてから高速へ。

冬なので食材の痛みをあまり考えなくて済むことで自分の知っている地元で買い物ができるのも冬キャンプの良いところですね(๑>◡<๑)

 

高速で道を間違えるアクシデント

順調に流れている圏央道から中央道に入り、話し込んでいたら間違えて甲府方面ではなく新宿方面に曲がってしまったこまめ達(^◇^;)

近くのインターにいき、係員さんに説明・・・。

こまめ
甲府方面に行きたかったのに間違えてしまいました(^◇^;)

すると、Uターンのルートと無事に甲府方面の車線に戻れる方法を丁寧に教えてくれました(๑>◡<๑)

そんなアクシデントがありつつも、なんとか無事に勝沼インター到着です。

 

降りると山はうっすら雪化粧が

インターを降りて山の上がうっすら雪景色になっていました。

前日の確認でキャンプ状では積雪はないということだったので、安心しつつまずは「ゆるキャン△」でも紹介されていた笛吹川フルーツ公園へ。

 

笛吹川フルーツ公園

ゆるキャン△で読んだり、ゆるキャン△のアニメで観てからずっと気になっていた笛吹川フルーツ公園のカフェのスイーツを食べに向かいます(๑>◡<๑)

駐車場に車をとめて少し歩くと、ドームが見えてきます(๑>◡<๑)

このドームの中にお土産物屋さんやレストラン、カフェなどありました。

そして振り返ってみると!

富士山と絶景が(๑>◡<๑)

季節が冬なので、お花とかは咲いていないのですが春に来たら綺麗なんじゃないか期待してしまいします。

そして、笛吹川フルーツ公園と名前を聞いてこまめは勘違いしていたのですが、ここでフルーツ狩りとかは行なっていないようです(´⊙ω⊙`)

 

こまめ
イチゴ狩りもした〜い!
フルーツ狩りとかはやってないみたいだよ・・・。
こまめ彼

フルーツ公園と聞いて、フルーツ狩りなどもできるんだろうと勝手に思い込んでいましたが、どうやら違う様子・・・。

「売店で地元のいちごとか売ってないのかな?」と思い売店を覗くも今回はフルーツは売られていなかったです。

 

カフェでいちごジェラートと桃のジェラートを頼んで2人で半分づつシェアして食べました。

外は寒くてもドームの中は暖房が効いている美味しいです(๑>◡<๑)

 

早めにチェックインして設営したいからお土産選びは明日ね!
こまめ彼

「ほったらかしキャンプ場」のチャックインが13時なので、13時について早めに設営だけは済ませたいという彼氏くんの要望もあり、アイスを食べてサクッと車に戻りました。

 

ゆるキャン△が気になる方はこちら

原作の漫画もありますし、原作との違いをあまり感じさせないアニメもプライムビデオでは2019年1月現在もアニメ版のゆるキャン△が配信されています(๑>◡<๑)

 

↓ゆるキャン△についての記事も書いてますので気になる方はどうぞ↓

【漫画ゆるキャン△】キャンプの入門書になる漫画!キャンプ初心者は読んでおいて損しない

こんにちは。こまめ(@koto0209)です。 はじめてキャンプに誘われた時に、こまめのなかではキャンプは楽しそうだけど自分が楽しめるのかが分からず、もちろん道具1つ1つの名前も分からずに、自然の中で ...

続きを見る

 

 

ほったらかし温泉の脇を通ってほったらかしキャンプ場へ

受付に到着し、チェックインを済ませます(๑>◡<๑)

こちらが受付です。

薪や炭なども販売されているので、途中で買い忘れても安心ですよ(๑>◡<๑)

こまめ達は知り合いにキャンプ前に暖炉用のクヌギの薪を少量分けてもらってきました♪( ´θ`)ノ

受付で注意事項などの説明を受けて、いざサイトへ。

「富士山の左側に雲があるときは風が強く吹くんですよ」とキャンプ場のスタッフさんに教えてもらいました。

本当に風が強い!

サイトに車を止めて、だいたいこの辺りにテントを設営しようと思いグランドシートを敷くと一瞬で風に飛ばされて行きます(´⊙ω⊙`)

ペグでまずはグランドシートを止めてからのテント設営。

 

ほったらかしキャンプ場ではペグは頑丈な物を!

地面の土が硬い!ペグが入って行きにくいよ(^_^;)
こまめ彼

芝生のサイトより土が硬いので、プラスティック製のペグなどでは歯が立ちません!

しっかりした頑丈なペグでも打ち込んで行くときに曲がってしまったり(^◇^;)

数本予備があると安心だと思います。

無事に設営を済ませて、キャンプ場内の散策をと思っていたのですが、平日でも結構混んでいて、どのサイトも7割から8割がうまっていました。

他のキャンパーさんのご迷惑になりそうなので、自分のサイトの中で今回購入したカメラの試し撮りしてました(´⊙ω⊙`)

そして一度やりたかったコレ!

ビール越しの富士山(笑)

そうこうしていると、だいぶ日が傾いて来て富士山がピンク色に!

幻想的でとっても綺麗でした(о´∀`о)

この富士山を観られただけでも「来てよかった!」と思えるキャンプ場です。

そろそろ宴の準備に取り掛かります。

 

ほったらかしキャンプ場での献立

寒いからおでんと熱燗だな!
こまめ彼

おでんを今回はリクエストされたので、土鍋おでんがメインです♪( ´θ`)ノ

おでんは大根や卵に味を染み込ませるのはキャンプ場だけでは時間的に難しそうなので、前日に大根とゆで卵だけを鍋に白だしで薄く煮込んで冷まして味を染み込ませたものをタッパーに入れて持って来ました。

こうすると、キャンプ場ではおでんのタネに煮込んで来た大根や卵を土鍋に一緒に入れて軽く煮込むだけで簡単に味の染み込んだおでんになります♪( ´θ`)ノ

今回は変わり種に挑戦して、半分に切った油揚げの中にお餅とチーズを詰めて口を楊枝で止めたものと、プチトマトとチーズを油揚げにの中に詰めて口を閉じたものも用意してみました。

お餅とチーズは定番の美味しさ、そしてプチトマトとチーズは洋風なおでんで酸味が爽やかなアクセントになりました♪( ´θ`)ノ

 

焚き火&ダッチオーブンという初の試みのパエリアです♪( ´θ`)ノ

火加減は焚き火の火との距離で加減をし時々、蓋を開けて焦げていないか確認しながら作り、お米に芯が残っていないことを確認したら、あとは蒸らして終了です。

とても美味しくできました♪( ´θ`)ノ

今回は「おでんに熱燗」がメインのこまめ達でした、寒い冬空の下でも暖かい料理は体と心も温めてくれます。

今回は、かさばりそうなおでんのタネや切る必要がある野菜などはあらかじめ前日に切ってジッパー付きの保存袋の入れて持って来ましたので、荷物も少なめです。

 

日がくれて眼下に広がる夜景


うっすら、夜の富士山も一緒に取れました♪( ´θ`)ノ

そして見上げると満月のお月様もありますよ(๑>◡<๑)

山の木の間から満月のお月様が登って来ました。

そしていつの間にか、真上に(๑>◡<๑)

 

こまめ
カメラ買ってよかった(๑>◡<๑)

iPhoneでは限界をかんじていていた月や夜景の写真が綺麗に撮影できたことに大満足したところで、気温も0度近くに!

ほったらかし温泉が22時までなので、20時ころ歩いて「ほったらかし温泉」に向かいました。

ハナレサイトからだと歩いて5分くらいでした。

ほったらかし温泉の詳細はまた別記事で詳しく記事にしようと思います(๑>◡<๑)

 

温泉で温まってテントの中へ

「22時以降は静かにお願いします」と最初に注意を受けていたので、温泉を出てからすぐにテントの中でストーブをつけて過ごしました(๑>◡<๑)

小さな音でラジコでラジオに耳を傾けて、まったりテント時間も幸せすぎる♪( ´θ`)ノ

 

こまめ
今回は日の出を見る!
起きれるの?
こまめ彼
こまめ
絶対、起きるᕦ(ò_óˇ)ᕤ

 

こまめは密かに、今回は富士山と日の出をみたいという思いがあったので早めに就寝しました。

今回からは4シーズン対応のシュラフを導入したのでポカポカで暖かく朝まで起きることなく夢の中でした(๑>◡<๑)

 

翌朝!待望の日の出

だんだんと空が赤く染まって来ました(๑>◡<๑)

そして日の出が(๑>◡<๑)

少しづつ街が動き出して行く様子もわかります。

コーヒーを飲みながら、朝日が登るのを待ちました!

気温は1度くらいの気温なのですが太陽が登ってくると日差しで暖かく感じられます(๑>◡<๑)

 

こまめ
頑張って早起きしてよかった♡

昨夜の残りのおでんを温めて食べたら、のんびり撤収作業へ。

チェックアウトが11時なので比較的ゆっくり撤収しても時間に余裕がありました。

最後に椅子だけを残して、風景を楽しみながらココアを入れて一休みしてから帰宅へ。

 

ゴミは有料で引き取ってくれる

瓶や缶、ペットボトル、可燃ゴミと分けると受付で300円で引き取ってくれますが、今回こまめ達はそんなに量が多くなかったので、持ち帰って来ました(๑>◡<๑)

たくさんゴミがある場合などは引き取ってもらえると帰り道も安心です。

 

トイレや水場はとても清潔

トイレも水場も炊事場もとても綺麗な設備でした♪( ´θ`)

トイレは男性と女性で分かれており、女性は個室が2つ、ウォシュレットもついていて便座も暖かく快適です。

水場はお湯が出ないのですがゴム手袋が用意されていました(๑>◡<๑)

こまめは若干、神経質なところがあるのでキャンプの時は家から必ずゴム手袋を持って行っています。

 

最後にちょっと残念だったところ

水場にはゴム手袋やスポンジが置かれているのに、食器を洗う洗剤がなかった・・・。

自分たちで持ってくればよかったのですが、キャンプ場によっては備え付けの洗剤以外は使用不可というところもあるので、今回は持って来ていなかったのです。

キッチンペーパーで軽く拭いて持って帰ってくることにしましたが1泊のカップルキャンプなので、不便と感じるほどでもなかったです。

ですが連泊の場合だと、同じ食器を洗って使い回す場合もあるので、食器を洗う洗剤は各自で持っていった方がいいかもしれません(^◇^;)

 

最後に

人気のキャンプ場ということもあり平日でも、7割はサイトは埋まっていて隣との距離も近く感じますが、ほったらかしキャンプ場はとても素晴らしいキャンプ場でした(๑>◡<๑)

絶景が楽しめて、温泉も隣接されているというだけでも素敵なキャンプ場ですが、炊事場やトイレがとても綺麗にされていて、設備もしっかり整っています。

景観の邪魔にならない程度に歩道には明かりが灯されていたり、炊事場は自動センサーで近づくと明かりが灯ったりしていて、全然ほったらかしではないキャンプ場です♪( ´θ`)ノ

どちらかというと、子供づれでわいわいキャンプを楽しむというよりは、大人が静かにキャンプを楽しむという感じのキャンプ場なのかなぁと感じました(๑>◡<๑)

こまめ達は利用しなかったのですがお酒が飲めるバーもあり、ソロキャンで「夜が暇だな〜」という時に、ちょっと気分を変えたい時にも、ふらっと行ってみるのも素敵だなぁと思います!

とても素晴らしいキャンプ場ですので、静かに大人な雰囲気でキャンプがしてみたいと思う時には、ほったらかしキャンプ場がおすすめです。

参考になることがあれば参考にしてください。

 

今回のこまめの勝手な総合評価

満足度

快適度

設備の清潔度

サイトの広さ

 

-外あそび, 趣味のこと

Copyright© こまめのひなみ暮らし , 2019 All Rights Reserved.